“魂導体術”とはなにか

私たちは無意識が決めた現実を生きている

魂導とは、自分自身の意識の奥深くにある“”によって、自動的に導かれる現象です。

人間の潜在意識には、浅い潜在意識と深い潜在意識があり、浅い潜在意識を「社会的集業的無意識」と言います。
これは、社会通念や文化、風習、善悪などで、言わば「こういうものだ」「こうあるべきだ」という漠然と蔓延した意識です。

「女性・男性とはこうあるべき」「社会人とはこうあるべき」「子供はこうあるべき」…私たちは、さまざまな「べし・べからず」の漠然としたルールによって、自分自身に暗示をかけながら生きています
しかし、こうした考え方は時代や地域・国によって変わるように、絶対的なものではありません。

私たちは、目に見えない深い意識が現象となって現れた世界を生きています。
どんな人と出会うのか、どんな環境で育つのか、どんな出来事に出合うのか。それは全て、実は自分自身の無意識が先に決めているのです。
だからと言って、「こんな不幸な状態になっているのは自分が悪いからだ」ということではなく、「それも自分の無意識が望んでいたことなのだ」と、まず認めるところから始まります

悟りの境地、武道の奥義を誰もが体感できる

魂導の体術は、魂導密法の実践編です。
自分自身の深い意識・無意識の働きを、もう一人の相手に鏡なってもらいながら実際に体感していくものです。

そうして、本当に自分自身が深い意識=“宇宙意識・魂の計画”と繋がることができたときに、ふと欲しいと思ったものが手に入る、ふとやりたいと思っていたことが叶う…そういう「融通無碍・自由自在」の境地に至るのです。

例えば、人間は顕在意識が働いていない時は無意識がよく働いていると言われます。
綺麗な景色を見て感動した時、誰かと楽しく大笑いしている時、ベッドの中でまどろんでいる時…。
こういう時は、時間を忘れ、悩みを忘れ、自分と他人との境界線も薄れます。

このように自分と周りとの境目が無くなることを「差取り」と言います。これが「悟り」のことです。

魂導体術では、相手と顕在意識や、社会的集業的無意識ではなく、深い意識=“宇宙意識・魂の計画”同士で繋がることで、この「悟り」の体験をしていきます。

しかし無意識状態と言っても、それによって相手を作為的に操作するのではなく、深い意識と繋がることによって自分自身もより創造的なエネルギーが生まれ、また相手も同じように創造的なエネルギーが生まれ、お互いに創造的な関係を創造していきます。

社会的集業的無意識=「こうあるべきという思い込み」同士がぶつかれば、必ず衝突になります。

相手がたとえ殺しにこようという意識でやってきても、相手と境目が無くなり、魂どうしが交流することができれば、その相手とは仲良くなることができるという武道の究極の境地を、魂導体術では誰もが体験することができるのです。

意識を具体的に変えていくことで身体や人生は変化していく

人の約7割は水で出来ていると言われていますが、人の性質も水に似ています
水が<氷ー水ー水蒸気>と変化するように、人間も全ての性質を有しています。氷にあたるのは、骨や筋肉、靭帯などです。それらに影響をあたえるのが、血液や体液。これが水です。
そして、血流や筋肉の動きを司るのが神経です。これが、水蒸気にあたります。

つまり、私たちがふっと感じたことや空想したこと、そんなささいなことが身体を変え、行動を変え、人生そのものを左右していくということです。

私たちの意識状態は、たとえ言葉を発していなくても「伝染る」のです。これは、脳科学の世界でも言われていることで「ミラーニューロン」の働きと言われます。ですから、自分自身の意識を変化させるだけで、相手の意識も必ず変化します。
また相手の呼吸を感じたり、相手に触れたり、相手との間合いを変えたりすることによっても、相手と交流し、相手の意識を変えていくことが技術として出来るのです。これは複雑で特殊なものではなく、誰もが無意識に感じているものを意識として感じていくための技術です。

そうした具体的な技術を身体を動かしながら取り組んでいき、実際に自分自身の感受性や意識を変えていく。
それによって、日常生活がより豊かに、より楽しく創造的なものになっていく。

それが、魂導体術稽古会のテーマです。

多くの女子大生に感動を与えた魂導体術の授業

魂導体術の身体技術は、ノートルダム清心女子大学の履修課目として取り入れられ、開始1年で200人を超える人気授業となりました。受講した生徒の皆さんからはたくさんの感想をいただきました。その一部をご紹介します。

「言語以外のコミュニケーション方法に触れることが出来た」

「友達と、感覚的に深い部分(潜在意識)で繋がったような気持ちになった」

「自分自身と向き合う場を提供してもらえた」

「息の使い方を変えることによって、自分の人生までもが変わってしまうことを学べた」

「意識というものは、すごい力を持っているということを感じました」

「触れ合うことで人と人はつながることができるということを学んだ」

「何となく一日が過ぎていく毎日でしたが、自分は命を持っているということを実感しました」

「人間は意識の奥深い所で通じ合っているとわかった」

「自分の可能性を感じるようになれた」

ムービーギャラリー

魂導体術稽古会の詳細とご参加方法

「魂導体術稽古会」は、2種類のご参加方法があります。

①東京で2ヶ月に1回開催される「東京・魂導体術稽古会」にご参加

東京では、現在2ヶ月に1回、日曜日に横田先生の直接伝授による魂導体術稽古会が開催されています。
日程につきましては、随時ホームページでお知らせいたします。
単発でのご参加が可能ですが、身に着けて習得していくためにも、継続して通われることをお勧めします。

②大阪で毎月開催される「大阪・魂導体術稽古会」にご入会

大阪では、下記の要領で毎月稽古会を開催しております。

開催日月に1回月曜日(不定期)
時間19時~21時
場所クロスパル高槻(JR高槻駅徒歩5分) ほか
会費お問合せください

大阪の魂導体術稽古会は、身体技術を深く習得していくために【会員制】という形をとっております。(単発でのご参加は、できませんが、初回のみ体験参加が可能です。)
継続して大阪の魂導体術稽古会にご参加していただく場合は「ご入会」していただくことになりますので、ご了承ください。